月別アーカイブ: 2016年9月

妊娠がどれくらい奇跡的な確率で起きるのか?数学学者が確率論を展開

dry03

妊娠するということはまさに奇跡なんだと思いました。これまでに二人の子供に恵まれているのですが、幸いどちらも妊娠したいと思ってすぐ授かることができたし、自然妊娠でした。

もちろん、これは当たり前ではないと思っています。妊娠してから出産するまで、人それぞれですが、私もつわりを経験し、そして元々の体質のためとは言われましたが、お腹の赤ちゃんが標準より小さく、自宅で大人しくしておかねばならず、日々不安でした。

妊娠したらそれでよい、ではなく、何事も無く出産する日まで安心はできないかな、と思っています。
妊娠後間もなく、酷いつわりにみまわれたのと、重労働を余儀なくされる仕事柄、退職を決意しました。

仕事を辞めるという人も多数いると思いますが、体に負担がかかり過ぎなければ、仕事を続けるのもアリだと思います。妊娠期間中は葉酸をサプリメントで飲むよう言われ、ずっと飲んでいました。

さらに血中の鉄分が不足しがちだったので、処方された鉄剤に加えて鉄分を多く含む食べ物を意識して食べるようにしていました。大好きな人との子供って非常に嬉しいですよね。妊娠したことがわかった時、すぐに旦那に言いましたただこの後直面する悪阻はとても辛いものでした…。

私の場合は起きるとすぐトイレで胃液を吐き、少し朝ご飯を食べるとまた気持ち悪くなりました。
昼間は気持ち悪さでずっとベッドの上。夕方は主人の晩御飯を、何度も吐きながら調理し、なんとか作り上げていました。ただ、さすがにピーク時にはそれもできませんでしたが…。
けどいつまでも続くものではないので、赤ちゃんのためにもつわり中の妊婦のみなさん頑張りましょう。妊娠線が付かないようにするには太り過ぎないよう注意する他にちゃんと予防クリームを塗ることが大事といわれていますよね。
さらにクリームを塗るときには、ちゃんとマッサージをすることも重要です。

脂肪をしっかり柔らかくしておくことで妊娠線が出づらくすることも重要です。

その際たっぷりとクリームを手にとり、くるくると全体に馴染ませたあと、縦横に何度もマッサージしていくのがポイントです。

その時、掴める部分はしっかり掴みながら揉むことも忘れずに。妊娠中は太りやすい体になっています。

基本的に太りにくい体質で、大量に食べても太らないし、また太っても簡単に元に戻せると思い好物を気の向くままに食べていました。
すると気が付けば15キロも太ってしまい、料理を作るのも掃除も大変でした。
出産してから一年経ちますが、まだ増えてしまった体重は落とせていません。やはり、世間や医師の言う通り、栄養を考えて食事制限をし、ほどよい運動も必要だと思いました。

妊娠のはじめの頃のつわりは人それぞれ異なると言いますが私は食べづわりになってしまい、食べるのを止めると気持ちが悪くなっていました。

脂っこいもの、甘いものは目にするだけで吐き気がしました。食べられるのは、うまい棒とトマト、ホットケーキのみ。それ以外の物を口にすると吐き気がし、実際に吐いてしまうこともしばしば。

このような食生活でちゃんと栄養が足りているか不安でしたが、妊娠初期はそこまで栄養は必要ないので、食べられるものを食べるのでよいのだと思います。早くこの苦痛が無くなってって欲しい…毎日そう願ってました。私自身は、できちゃった結婚だったため、最初妊娠検査薬を試した時は、まさか自分が母親?と感動よりは、不安の方が大きく感じました。

ですが愛する人との子を産みたいと思い、なにぶん未経験で知らないことだらけだったので、いろいろと調べることで、少しづつ大きくなるお腹を愛おしく思えるようになりました。初めて感じた胎動は、嬉しくて嬉しくて。

妊娠はとても幸せで、変化を実感できることだと感じました妊娠中に注意することは、まずストレスを溜めないことです。ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静な判断ができず危険な行動に出たり、ゆとりを持って日々を過ごせなくなります。すると、母体に負担がかかることになり、胎児にも影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。
出産は命がけで挑む、人生の一大イベントです。神経質になる必要はありませんが、いい状態で出産にのぞめるよう、リラックスした気持ちと身体を整えてきましょう。
妊娠中気を付けること、それは食事です。

ビタミンAが過剰になると赤ちゃんが先天性の奇形になってしまう可能性が高まるということで、レバーやウナギを私は控えました。

特に妊娠したばかりの、卵細胞の分裂が活発な時期は注意されることをおすすめします。

ウナギはビタミンA含有率がすごく多く、妊娠中に摂ることができるビタミンA摂取量の最大値に、ほんの一口でたっしてしまう程でした。妊娠に気づくのが遅れた人は、後でかなり悔やむことになります。
実は私もその一人です。地域により、産科のある病院が少ない所もあり、予約は妊娠が判明次第早めに入れなければ遅くなってしまうと近所の病院が見つけられなくなってしまうことがあります。

妊娠の兆候は色々あります。

元々生理不順の人は妊娠が分かりづらいです。

貧血、微熱といった、風邪のような症状もあるので、少しでも疑いがあれば、すぐに確認してみることが重要です。

妊活を卒業する為には、女性だけでなく夫の努力も必要なんです

「妊活」と聞いたとき、一般的には女性側にばかり注目されやすいですが、夫婦において、女性のみならず男性も、ともに行っていくのが妊活です。
そこで具体的に、男性ができる妊活、食事の改善について考えてみます。男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、主に亜鉛、アミノ酸の一種アルギニン、ビタミンのうちEとB群などを挙げることが出来ます。こういった栄養素を毎日食べるようにして、妊娠の確率をより上昇させませましょう。実は葉酸は妊娠している女性の間では、つわりにも好影響を及ぼすと注目されています。説が色々唱えられますが、葉酸をきちんと摂取できているという安心感により、女性のストレスが軽減され、つわりが軽減されるのではないかといわれているようです。

いずれにしても、とりわけ妊娠初期はいつもの倍の量を摂取するのが理想と考えられています。妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。この妊活は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。
しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
不妊などの原因は女性の問題ばかりでなく、男性側の問題だというケースもあります。男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。
そのため、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。妊活中の栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。選ぶ基準としては、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。
葉酸の成分には、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。
それに、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。それと、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。夫婦どちらに対しても非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。

妊娠してから時間をおいて、そういえば葉酸が十分摂れていないと気づいたとすれば一日でも早く葉酸摂取を始めてください。母体内での胎児の発育を促し、無事生まれるようにするにはとても重要な役割を果たすのが葉酸です。
様々な理由で葉酸がきちんと摂れていなくて、葉酸不足の心配があれば、どんな手を使ってでも必要な量の葉酸を摂取するべく、対策を考え、手を打たなければなりません。赤ちゃんを授かっている時はもちろん、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、日々の生活に追われていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも良くあると思います。
こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのがサプリメントなんです。

サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心です。

重要なのは、妊娠初期に葉酸を意識して摂ることです。葉酸を多く摂るのはいつまでか、という疑問が生じると思いますが、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。なかなかそこまで意識できないかもしれませんが、最低限、妊娠中期を過ぎるまでは意識して葉酸の摂取を続けて欲しいのです。
葉酸は胎児の発育だけでなく母体を健康に保つためにも重要な栄養素であり、必要量が摂取できるように絶えず注意を払ってください。
妊活中の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。上の子が男の子でしたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けに挑戦してみました。

妊娠した時は、産み分けの事がありましたから赤ちゃんの性別が分かるまでは緊張しましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。葉酸はビタミンの一種で、色々な食べ物に入っている栄養素です。

その中でも含有量が多いものは、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが大変だという方は、無理をせずサプリを飲むことも間違いではありません。
サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。
サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できるという訳ですね。黒豆茶をご存知ですか?黒豆茶を妊活中に飲むことはとても良いことです。

なぜなら、黒豆茶はノンカフェインのお茶ですから、妊活にも安心な飲み物ですし、原材料である黒豆の成分であるイソフラボンが妊活に必要な女性ホルモンに似た作用をするからなのです。
女性ホルモンは不足しがちな成分で、豊富に分泌されると体や精神のバランス調整に役立ちますから、日々の生活の中でホットにした黒豆茶を飲むのが良いと思います。