妊娠がどれくらい奇跡的な確率で起きるのか?数学学者が確率論を展開

dry03

妊娠するということはまさに奇跡なんだと思いました。これまでに二人の子供に恵まれているのですが、幸いどちらも妊娠したいと思ってすぐ授かることができたし、自然妊娠でした。

もちろん、これは当たり前ではないと思っています。妊娠してから出産するまで、人それぞれですが、私もつわりを経験し、そして元々の体質のためとは言われましたが、お腹の赤ちゃんが標準より小さく、自宅で大人しくしておかねばならず、日々不安でした。

妊娠したらそれでよい、ではなく、何事も無く出産する日まで安心はできないかな、と思っています。
妊娠後間もなく、酷いつわりにみまわれたのと、重労働を余儀なくされる仕事柄、退職を決意しました。

仕事を辞めるという人も多数いると思いますが、体に負担がかかり過ぎなければ、仕事を続けるのもアリだと思います。妊娠期間中は葉酸をサプリメントで飲むよう言われ、ずっと飲んでいました。

さらに血中の鉄分が不足しがちだったので、処方された鉄剤に加えて鉄分を多く含む食べ物を意識して食べるようにしていました。大好きな人との子供って非常に嬉しいですよね。妊娠したことがわかった時、すぐに旦那に言いましたただこの後直面する悪阻はとても辛いものでした…。

私の場合は起きるとすぐトイレで胃液を吐き、少し朝ご飯を食べるとまた気持ち悪くなりました。
昼間は気持ち悪さでずっとベッドの上。夕方は主人の晩御飯を、何度も吐きながら調理し、なんとか作り上げていました。ただ、さすがにピーク時にはそれもできませんでしたが…。
けどいつまでも続くものではないので、赤ちゃんのためにもつわり中の妊婦のみなさん頑張りましょう。妊娠線が付かないようにするには太り過ぎないよう注意する他にちゃんと予防クリームを塗ることが大事といわれていますよね。
さらにクリームを塗るときには、ちゃんとマッサージをすることも重要です。

脂肪をしっかり柔らかくしておくことで妊娠線が出づらくすることも重要です。

その際たっぷりとクリームを手にとり、くるくると全体に馴染ませたあと、縦横に何度もマッサージしていくのがポイントです。

その時、掴める部分はしっかり掴みながら揉むことも忘れずに。妊娠中は太りやすい体になっています。

基本的に太りにくい体質で、大量に食べても太らないし、また太っても簡単に元に戻せると思い好物を気の向くままに食べていました。
すると気が付けば15キロも太ってしまい、料理を作るのも掃除も大変でした。
出産してから一年経ちますが、まだ増えてしまった体重は落とせていません。やはり、世間や医師の言う通り、栄養を考えて食事制限をし、ほどよい運動も必要だと思いました。

妊娠のはじめの頃のつわりは人それぞれ異なると言いますが私は食べづわりになってしまい、食べるのを止めると気持ちが悪くなっていました。

脂っこいもの、甘いものは目にするだけで吐き気がしました。食べられるのは、うまい棒とトマト、ホットケーキのみ。それ以外の物を口にすると吐き気がし、実際に吐いてしまうこともしばしば。

このような食生活でちゃんと栄養が足りているか不安でしたが、妊娠初期はそこまで栄養は必要ないので、食べられるものを食べるのでよいのだと思います。早くこの苦痛が無くなってって欲しい…毎日そう願ってました。私自身は、できちゃった結婚だったため、最初妊娠検査薬を試した時は、まさか自分が母親?と感動よりは、不安の方が大きく感じました。

ですが愛する人との子を産みたいと思い、なにぶん未経験で知らないことだらけだったので、いろいろと調べることで、少しづつ大きくなるお腹を愛おしく思えるようになりました。初めて感じた胎動は、嬉しくて嬉しくて。

妊娠はとても幸せで、変化を実感できることだと感じました妊娠中に注意することは、まずストレスを溜めないことです。ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静な判断ができず危険な行動に出たり、ゆとりを持って日々を過ごせなくなります。すると、母体に負担がかかることになり、胎児にも影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。
出産は命がけで挑む、人生の一大イベントです。神経質になる必要はありませんが、いい状態で出産にのぞめるよう、リラックスした気持ちと身体を整えてきましょう。
妊娠中気を付けること、それは食事です。

ビタミンAが過剰になると赤ちゃんが先天性の奇形になってしまう可能性が高まるということで、レバーやウナギを私は控えました。

特に妊娠したばかりの、卵細胞の分裂が活発な時期は注意されることをおすすめします。

ウナギはビタミンA含有率がすごく多く、妊娠中に摂ることができるビタミンA摂取量の最大値に、ほんの一口でたっしてしまう程でした。妊娠に気づくのが遅れた人は、後でかなり悔やむことになります。
実は私もその一人です。地域により、産科のある病院が少ない所もあり、予約は妊娠が判明次第早めに入れなければ遅くなってしまうと近所の病院が見つけられなくなってしまうことがあります。

妊娠の兆候は色々あります。

元々生理不順の人は妊娠が分かりづらいです。

貧血、微熱といった、風邪のような症状もあるので、少しでも疑いがあれば、すぐに確認してみることが重要です。